車を買い替えるとき店によって下取り価格が大きく違った驚きの体験

kuruma fuufu 5

結婚をするタイミングで、車を買い替えることになりました。

乗っていたのは小型車で、10年近くまったく問題もなく愛用していたのですが、今後家族が増えるかもしれないということを考えると、小型車のせまい室内がちょっと気になってしまったのです。

そこで、妻と相談のうえ室内の広いミニバンを買うことにしました。

ディーラーに商談にいき、そこでこれまで乗っていた小型車も下取りしてもらうことにしました。

最近では買取り専門店が人気になっているようですが、私はいくつもお店を回るのが面倒に感じたのでそのままディーラーに下取りに出すことにしたのです。

ただ、そこでの下取り価格はかなり渋く、たったの4000円の提示でした。

頑張ってもせいぜい5000円程度しか出せないということでした。

10年近く乗った車とはいえ、ちゃんと問題なく走っている車の価値が4000円だなんてかなりショックを受けました。

廃車にするよりはましですが、4000円はあんまりです。

あまりのショックに、私はそのディーラーで車を買うのはあきらめました。

あまり車種にこだわらない私は、どうしてもそのディーラーで売っている車が欲しいというわけではなかったからです。

後日、別のメーカーのディーラーに行って、再度下取り額を出してもらうことにしました。

もちろん、他のディーラーで4000円の提示をされたことは内緒です。

査定が終わった時にディーラーの人が

「もう少し高く買い取ってあげると喜んでくれるのはわかりますが、当店ではこれが限界ですね。」

といって見積書を持ってきました。

その言い方からあまり期待はしていなかったのですが、見積書を見てびっくりです。

なんと10万円の査定額です。

別のお店で4000円の価値しかないといわれた車が、こちらのお店では10万円価値があるといわれたのです。

この買取り金額に文句があるはずがありません。

早速、そのお店で新車を買う契約を一気に済ませることにしました。

新車を買う予定のお店で何も考えずに下取りに出してしまう人も多いと思いますが、今回のような事例もありますので、新車を買うときの車種にあまりこだわりのない人はぜひ参考にしてみて下さい。

車の買い替えるときにとても得をしたある出来事

Men and women who are shaking hands

エコカー減税制度によって、新車を買うにあたって税の軽減措置があるということと、エコポイントももらえるということもあって、3年ほど前に車を買い替えました。

長年乗り続けてきた愛車を手放すというのはちょっと寂しい気持ちもあり、本当はもうしばらく乗り続けたいと思っていたのですが、結局は国からの助成や減税が魅力的であったために、新車購入の決め手となってしまいました。

また、この買い替えの際には、エコカー減税やエコポイント以上に、金銭的に大きな恩恵がありました。

それは、車の買い取り価格が思ったより高かったということです。

もちろん、それは偶然に高値の買い取りをしてもらえたというわけではありません。

少しでも高く売るために、ちょっとした工夫をしてのことだったのです。

もともと車の買い替えにあたって、これまで乗ってきた車は新車を購入する予定のディーラーに下取りに出す予定でした。

新車の商談に夢中になり、エコポイントのしめきりが間近ということもあって、これまで乗ってきた車の売却に関してはほとんど何も考えていませんでした。

納車の時期も確認できて商談も終わりかけたそのとき、下取りに出す車の査定額の提示を受けました。

その数字はビックリするほど安く、あまりのショックにこれまで新車にばかり向いていた自分の意識が一気に売却予定の車に向きました。

せっかく話がまとまりかけていたのですが、一度見積もりを持ち帰って、再度検討することにしました。

次の週に合う約束だけして、その場はさっさと帰路につきました。

家に帰ると、ネットの一括査定サイトを使って、ディーラーで受けた自分の車の査定が妥当だったのかを早速チェックしてみることにしました。

すると、いくつかの買取り業者が提示した査定額にくらべて、ディーラーの下取り価格がかなり低いということが判明しました。

翌週に、その一括査定サイトで出された数字をディーラーにみせて再度交渉したところ、下取り額を大幅にアップしてくれました。

一括査定サイトには、当て馬に使ってしまって申し訳ないという気持ちがありましたが、ディーラーが価格を合わせてくれるということあれば、売りと買いの手続きが1つのお店で済んでしまうので、自分としても楽です。

結局、エコカー減税やエコポイントに加えて、古い車の下取り額も大幅アップということになり、大変お得に車を買い替えることができました。

車の売却で勝ち組になるには情報戦を制することがカギ

kuruma mitsumori 5

ネットが発達した今の世の中においては、どんなことでもまず情報戦を制することがカギとなります。

昨年、マイカーを買い換えたのですが、その際にも自分に有利な情報を得ることがいかに大切かということを痛感しました。

一昔前までのように、なじみの店にお任せで査定を依頼していたら、大きな損をすることになってしまいます。

ネットで検索をすると、中古車の一括査定見積もりというサービスをよく見かけます。

たまたま自分が車を売るときに、そのサービスを思い出したことが幸運につながりました。

私が利用したサイトは、最大で10社もの買取り専門店に査定を依頼することができるようになっています。

しかも査定を依頼する際には、売却を検討している車に関するいくつかの簡単な情報をホームページから入力するだけで済んでしまいます。

そうして集まってきた各業者さんの査定結果は、多少の開きがあるものの、金額に大差ないものでした。

しかも、車のことにあまり詳しくない私でも知っているような有名な買取業者さんも含まれていたために、これが自分の車の相場なんだなと納得できるものでした。

しかし、その中の1社だけが、飛びぬけて高い査定を提示してくれていました。

1社だけが高い金額とういのは逆に不安になるものですが、高く売れるに越したことはないので、とりあえず概算の査定ではなく、実際に出張査定という形で、正式な査定額を出してもらうことにしました。

出張査定で訪問してきた担当者に、なぜ他社よりも高値を付けてくれたのかについて、率直に聞いてみました。

すると、私が売却する予定の車を、たまたま欲しい人がいて予約が入っているとのことでした。

つまり、私から車の買い取りを行ったあと、すぐに販売することの出来るお客が確保できている状況にあったということなのです。

業者にしてみれば、買い取った車が売れ残ってしまうリスクがないので、高く買い取れるのは当然といえば当然です。

こうしたことは初めての経験でしたが、やはり一括査定サービスを利用して複数の業者に査定をしてもらったからこそ、こういった幸運に恵まれたのだと思います。

買取り業者によって在庫の状況や流通ルートがそれぞれ違うわけですから、1社だけに査定をしてもらったのでは、高く売れる可能性は大きく減ってしまうと思います。

車を売る場合には、ネットをしっかりと活用して情報戦に勝つことがとても大切だということを認識しておくといいと思います。

はじめて買取り専門店に車の査定を依頼してみました

kuruma okane minica 5

そろそろ車を買い換えようと思ったのですが、それまで乗っていた車をどうしたらよいのか悩んでいました。

これまで、なにも考えずに車を買い換える予定のディーラーにお願いして下取りしてもらっていたのですが、最近よく目にするようになったアップルやガリバーなどの買取り店の存在が気になったのです。

いろいろとネットで調べてみたのですが、サイトにかかれた口コミ情報では、ディーラーへの下取りよりも買取り専門店に売った方が、高価買取が期待できそうなのです。

誰でも初めてのことをするには不安になるものですが、新しい車の頭金不足もあり、なんとか今の車を高く売りたいとの思いから、思い切って買取り専門店を利用してみることにしました。

私の車はすでに3回も車検に通していて、走行距離も10万キロ近くになっていたので、はたしてまともな買取り価格がつくかどうか、正直言って心配でした。

お店に持ち込んで対面での買取交渉を行えば、確実に買いたたかれるような気がしました。

値がつかずに、無料で引き取りなんてことになってしまったら大変です。

そこで、直接お店に車を持ち込むのではなく、ある意味、間接的に査定を依頼できるインターネットによる一括査定サイトを利用してみることにしました。

インターネット上の一括査定サイトを利用すると、自分の車の情報などを入力するだけで、複数業者から車の査定額を提示してもらうことができます。

この方法であれば、万が一買取りに至らなくても、直接お店に持ち込むときのように時間のムダにはなりませんし、利用は無料なのでダメもとで申し込みをしてみることにしました。

私が利用した一括査定サイトは、車種、ボディーカラー、年式そして走行距離などのわずかな項目に記入するだけでOKでした。

するとあっという間に3社から査定の結果が送られてきたのです。

その金額には多少のバラツキはありましたが、思っていた以上の査定額の提示があり、ほっとしました。

これから、ディーラーも含めて、どこの業者に車を売るかを考えていきたいと思いますが、自分の車の相場がある程度わかったので、ちょっと強気の交渉ができそうです。

車を少しでも高く売るために絶対に活用すべきサービスとは?

 

kuruma pasokon 5

今まで乗ってきた大事な車を乗り換えて新しい車を購入するときには、古い車をそのままディーラーに下取りに出すか、買取専門業者に売却をするというのが一般的でしょう。

いずれの方法で車を売却するにしても、自分の車を手放す時に、実際の買取り相場というのをしっかりと理解している人は意外に少なようです。

相場が分からないまま業者の言いなりで売却をしてしまうと、車種によっては数十万円もの損失につながってしまうことがあります。

車を手放す時には、まず最初に自分の車の市場における価値を把握することが大切になります。

そうすることによって、業者の言いなりにならずに適切な価格で車を売ることができるようになるわけです。

しかし、どうしてわれわれ素人が車の買取り相場を把握することができるのでしょうか?

それには、ネットをフル活用します。

なかでもおススメなのは、一括で査定サイトです。

申込み画面から必要事項を入力するだけで、複数の業者の買取り価格が分かるというすぐれたサービスです。

各業者から提出された査定額を比較することで、車に関してはまったくの素人であるわれわれであっても、おおよその中古車市場における相場が把握できるようになるのです。

また、一括査定サイトのメリットはそれだけではありません。

自分の車の価値をより高く判断してくれる買取り業者を見つけることが可能になります。

たとえば、国産車の中でもスポーツカー等は一部の場所で非常に需要が高いですが、市場全体を考えるとあまり一般的ではありません。

買取り業者もすぐに売れるクルマを高く買取りする傾向にありますから、スポーツカーのように売れるかどうかの判断が難しい車を積極的に買おうとする業者は意外に少ないものです。

しかし、一括査定サイトを利用することによって、さまざまな業者が査定に参加をしますので、なかにはスポーツカーに強い業者もいる可能性が高くなるわけです。

スポーツカーのように、業者によって買取り価格が大きく違ってしまう可能性のある車こそ一括査定サイトを利用して売却すべきだと思います。

 

関連記事:品質の高いサイトを活用してみた|車買取のABC

 

また外車なども同様の傾向があります。

 

ヨーロッパ車などは国産を扱う業者ではなく、販路を持っているヨーロッパ車に強い業者に売却することによって、高く売れる可能性が高くなるのです。

 

このように、一括査定サイトにはさまざまなメリットがありますので、自分の車を少しでも高く売りたいと思うのならば、ぜひ一度利用してみることをお勧めします。

便利な出張査定サービスと禁煙車のアピール体験

kuruma-tabako田舎のほうに住んでいて、近くに中古車を売却できるお店がないという方もいるのではないでしょうか?

私の場合もそうでしたが、ダメもとで大手の買取り業者に査定の依頼をしてみました。

すると、かなり遠方であるにもかかわらず、わざわざ自宅まで査定をしに来てくれたのです。

比較的人気のある車やその業者がほしがっている車を所有している場合は、どんなに遠くてもお店のスタッフが出張査定のためにきてくれるようです。

このサービスは、地方に住んでいる人にとっては本当に助かります。

もちろん自分で遠方まで出かけて行って査定を受けるのもいいですが、査定金額に納得がいかずに契約にいたらなかった場合には、帰路はかなりブルーになりそうです。

その点、買取り業者のほうから自宅に来てくれる出張サービスであれば、そういった心配はないといえそうです。

しかし、買取り業者が遠方からわざわざ来てくれたにもかかわらず、査定額に納得できずに手ぶらで帰ってもらうのも、それはそれで心苦しいものがあります。

どちらのやり方がいいのかは、その人の性格によって判断すべきだと思います。

ただ、知人から聞いた話では、出張査定で自宅まで来てくれる営業マンには歩合給があり、契約が成立した場合には、基本給以外に特別な手当てが出るのだそうです。

向うにもそういったメリットがあるのであれば、こちらも自宅で楽に査定を受けるというメリットを受けてもバチは当たらないと思いました。

それでは、自宅まで来てくれる業者をどのように探せばいいのでしょうか?

手始めに、ネットの一括査定サイトを活用することをおすすめします。

自分が住んでいる地域に対応している業者を、サイトの運営者がいくつか選んでくれます。

自分で1社ずつアポイントを取ること考えたら、とても効率がよくて便利です。

遠くても査定に来てくれる業者なら、必ず向うから連絡を入れてくれるはずです。

我が家も、ネットから申し込んですぐに2社から連絡がありました。

2社とも我が家まではかなりの遠方にもかかわらず、快く対応してくれました。

実際の査定のときには、禁煙車だという点をかなりアピールしました。

禁煙車というのは結構アピールポイントになるようです。

もしもタバコをすっていない車なら、業者から電話があったときに禁煙車だということをアピールしてみるといいかも知れません。

現在の日本における全体の喫煙率は20%を切っているそうです。

つまり、タバコを吸わない人が5人中4人もいることになります。

タバコを吸わない人は、車内がタバコ臭いというだけでその中古車を買うことはまずありえません。

買取り業者にしてみれば、喫煙者を買い取っても、5人中1人の人にしか販売機会がないわけですから、売れる確率が極端に下がることになります。

売れる確率の低い車が高く売れるはずがないとうことは、誰にでも分かることです。

そういう意味では、禁煙車がアピールになるというよりも、喫煙車の評価が大幅に下がると考えた方がよさそうですね。