はじめて買取り専門店に車の査定を依頼してみました

kuruma okane minica 5

そろそろ車を買い換えようと思ったのですが、それまで乗っていた車をどうしたらよいのか悩んでいました。

これまで、なにも考えずに車を買い換える予定のディーラーにお願いして下取りしてもらっていたのですが、最近よく目にするようになったアップルやガリバーなどの買取り店の存在が気になったのです。

いろいろとネットで調べてみたのですが、サイトにかかれた口コミ情報では、ディーラーへの下取りよりも買取り専門店に売った方が、高価買取が期待できそうなのです。

誰でも初めてのことをするには不安になるものですが、新しい車の頭金不足もあり、なんとか今の車を高く売りたいとの思いから、思い切って買取り専門店を利用してみることにしました。

私の車はすでに3回も車検に通していて、走行距離も10万キロ近くになっていたので、はたしてまともな買取り価格がつくかどうか、正直言って心配でした。

お店に持ち込んで対面での買取交渉を行えば、確実に買いたたかれるような気がしました。

値がつかずに、無料で引き取りなんてことになってしまったら大変です。

そこで、直接お店に車を持ち込むのではなく、ある意味、間接的に査定を依頼できるインターネットによる一括査定サイトを利用してみることにしました。

インターネット上の一括査定サイトを利用すると、自分の車の情報などを入力するだけで、複数業者から車の査定額を提示してもらうことができます。

この方法であれば、万が一買取りに至らなくても、直接お店に持ち込むときのように時間のムダにはなりませんし、利用は無料なのでダメもとで申し込みをしてみることにしました。

私が利用した一括査定サイトは、車種、ボディーカラー、年式そして走行距離などのわずかな項目に記入するだけでOKでした。

するとあっという間に3社から査定の結果が送られてきたのです。

その金額には多少のバラツキはありましたが、思っていた以上の査定額の提示があり、ほっとしました。

これから、ディーラーも含めて、どこの業者に車を売るかを考えていきたいと思いますが、自分の車の相場がある程度わかったので、ちょっと強気の交渉ができそうです。