車の売却で勝ち組になるには情報戦を制することがカギ

kuruma mitsumori 5

ネットが発達した今の世の中においては、どんなことでもまず情報戦を制することがカギとなります。

昨年、マイカーを買い換えたのですが、その際にも自分に有利な情報を得ることがいかに大切かということを痛感しました。

一昔前までのように、なじみの店にお任せで査定を依頼していたら、大きな損をすることになってしまいます。

ネットで検索をすると、中古車の一括査定見積もりというサービスをよく見かけます。

たまたま自分が車を売るときに、そのサービスを思い出したことが幸運につながりました。

私が利用したサイトは、最大で10社もの買取り専門店に査定を依頼することができるようになっています。

しかも査定を依頼する際には、売却を検討している車に関するいくつかの簡単な情報をホームページから入力するだけで済んでしまいます。

そうして集まってきた各業者さんの査定結果は、多少の開きがあるものの、金額に大差ないものでした。

しかも、車のことにあまり詳しくない私でも知っているような有名な買取業者さんも含まれていたために、これが自分の車の相場なんだなと納得できるものでした。

しかし、その中の1社だけが、飛びぬけて高い査定を提示してくれていました。

1社だけが高い金額とういのは逆に不安になるものですが、高く売れるに越したことはないので、とりあえず概算の査定ではなく、実際に出張査定という形で、正式な査定額を出してもらうことにしました。

出張査定で訪問してきた担当者に、なぜ他社よりも高値を付けてくれたのかについて、率直に聞いてみました。

すると、私が売却する予定の車を、たまたま欲しい人がいて予約が入っているとのことでした。

つまり、私から車の買い取りを行ったあと、すぐに販売することの出来るお客が確保できている状況にあったということなのです。

業者にしてみれば、買い取った車が売れ残ってしまうリスクがないので、高く買い取れるのは当然といえば当然です。

こうしたことは初めての経験でしたが、やはり一括査定サービスを利用して複数の業者に査定をしてもらったからこそ、こういった幸運に恵まれたのだと思います。

買取り業者によって在庫の状況や流通ルートがそれぞれ違うわけですから、1社だけに査定をしてもらったのでは、高く売れる可能性は大きく減ってしまうと思います。

車を売る場合には、ネットをしっかりと活用して情報戦に勝つことがとても大切だということを認識しておくといいと思います。