車の買い替えるときにとても得をしたある出来事

Men and women who are shaking hands

エコカー減税制度によって、新車を買うにあたって税の軽減措置があるということと、エコポイントももらえるということもあって、3年ほど前に車を買い替えました。

長年乗り続けてきた愛車を手放すというのはちょっと寂しい気持ちもあり、本当はもうしばらく乗り続けたいと思っていたのですが、結局は国からの助成や減税が魅力的であったために、新車購入の決め手となってしまいました。

また、この買い替えの際には、エコカー減税やエコポイント以上に、金銭的に大きな恩恵がありました。

それは、車の買い取り価格が思ったより高かったということです。

もちろん、それは偶然に高値の買い取りをしてもらえたというわけではありません。

少しでも高く売るために、ちょっとした工夫をしてのことだったのです。

もともと車の買い替えにあたって、これまで乗ってきた車は新車を購入する予定のディーラーに下取りに出す予定でした。

新車の商談に夢中になり、エコポイントのしめきりが間近ということもあって、これまで乗ってきた車の売却に関してはほとんど何も考えていませんでした。

納車の時期も確認できて商談も終わりかけたそのとき、下取りに出す車の査定額の提示を受けました。

その数字はビックリするほど安く、あまりのショックにこれまで新車にばかり向いていた自分の意識が一気に売却予定の車に向きました。

せっかく話がまとまりかけていたのですが、一度見積もりを持ち帰って、再度検討することにしました。

次の週に合う約束だけして、その場はさっさと帰路につきました。

家に帰ると、ネットの一括査定サイトを使って、ディーラーで受けた自分の車の査定が妥当だったのかを早速チェックしてみることにしました。

すると、いくつかの買取り業者が提示した査定額にくらべて、ディーラーの下取り価格がかなり低いということが判明しました。

翌週に、その一括査定サイトで出された数字をディーラーにみせて再度交渉したところ、下取り額を大幅にアップしてくれました。

一括査定サイトには、当て馬に使ってしまって申し訳ないという気持ちがありましたが、ディーラーが価格を合わせてくれるということあれば、売りと買いの手続きが1つのお店で済んでしまうので、自分としても楽です。

結局、エコカー減税やエコポイントに加えて、古い車の下取り額も大幅アップということになり、大変お得に車を買い替えることができました。