車を買い替えるとき店によって下取り価格が大きく違った驚きの体験

kuruma fuufu 5

結婚をするタイミングで、車を買い替えることになりました。

乗っていたのは小型車で、10年近くまったく問題もなく愛用していたのですが、今後家族が増えるかもしれないということを考えると、小型車のせまい室内がちょっと気になってしまったのです。

そこで、妻と相談のうえ室内の広いミニバンを買うことにしました。

ディーラーに商談にいき、そこでこれまで乗っていた小型車も下取りしてもらうことにしました。

最近では買取り専門店が人気になっているようですが、私はいくつもお店を回るのが面倒に感じたのでそのままディーラーに下取りに出すことにしたのです。

ただ、そこでの下取り価格はかなり渋く、たったの4000円の提示でした。

頑張ってもせいぜい5000円程度しか出せないということでした。

10年近く乗った車とはいえ、ちゃんと問題なく走っている車の価値が4000円だなんてかなりショックを受けました。

廃車にするよりはましですが、4000円はあんまりです。

あまりのショックに、私はそのディーラーで車を買うのはあきらめました。

あまり車種にこだわらない私は、どうしてもそのディーラーで売っている車が欲しいというわけではなかったからです。

後日、別のメーカーのディーラーに行って、再度下取り額を出してもらうことにしました。

もちろん、他のディーラーで4000円の提示をされたことは内緒です。

査定が終わった時にディーラーの人が

「もう少し高く買い取ってあげると喜んでくれるのはわかりますが、当店ではこれが限界ですね。」

といって見積書を持ってきました。

その言い方からあまり期待はしていなかったのですが、見積書を見てびっくりです。

なんと10万円の査定額です。

別のお店で4000円の価値しかないといわれた車が、こちらのお店では10万円価値があるといわれたのです。

この買取り金額に文句があるはずがありません。

早速、そのお店で新車を買う契約を一気に済ませることにしました。

新車を買う予定のお店で何も考えずに下取りに出してしまう人も多いと思いますが、今回のような事例もありますので、新車を買うときの車種にあまりこだわりのない人はぜひ参考にしてみて下さい。