中古車を売るときにボディの細かなキズなどはどうすればいいか?

kuruma surikizu 5

車は飾り物ではありませんので、乗り続けることによってボディのあちこちに細かなキズが出来てしまうのは仕方のないことです。

長年乗った車であれば、自分でも気がつかないうちにいくつもの傷がついてしまっているものです。

自分ではかなり丁寧に乗っていたつもりでいても、不思議なことにいつの間にかついてしまうのが車の傷です。

中古車を売却するときには、こういったボディの傷は気になるところです。

細かなキズがいくつもあると、査定において大きくマイナスになるイメージがあります。

しかし、遠目では分からない程度の擦りキズであれば、それが大きなマイナスになることはまずないと思っていいでしょう。

とはいえ、こうした擦りキズがボディ全体に無数にあるということになると、やはりある程度のマイナス査定になるのは覚悟しなければなりません。

マイナス査定になるといっても、それはわずかな金額となりますので、わざわざ査定のために修理に出すほどのことではありません。

なぜなら、キズによる査定のマイナス分よりも、修理代の方が間違いなく高くなってしまからです。

1万円や2万円の査定アップを狙うために、5万も10万円も払って修理業者に依頼するのは馬鹿らしいといえます。

こうしたキズの処理は自分でも簡単に出来ますので、どうしても気になるという人は事前にやってみてもいいでしょう。

カーショップなどに行くと補修ペイント、タッチペンそして研磨剤など、さまざまな補修アイテムが販売されています。

数百円〜千円程度で購入出来ますので、これで数万円の査定アップになるのであれば、やる価値は十分にあります。

ただし素人が見よう見まねで補修を行うと、かえってキズを目立たせてしまう可能性もあり、むしろ逆効果になることもあるので注意が必要です。

店員さんなどからアドバイスをもらうなどして、自分で出来るかどうかを判断したうえで行うようにしましょう。

このような理由から、車の査定を受けるにあたっては、ボディについた細かな傷は、基本的にそのままにしておくというスタンスでまったく問題ありません

手先が器用で、自分で市販の補修材を使ってある程度きれいにできる自信のある人であれば、チャレンジしてみるといいでしょう。