ローンが残っている車を売却することは可能でしょうか?

kuruma ron 5

車を買う際に、現金一括払いという人は少ないと思います。

頭金として現金をいれたあと、マイカーローンを利用するのが一般的だと思います。

残金の額にもよりますが、だいたい3年から5年程度で返済が終わるというケースが多いのではないでしょうか。

しかし、何らかの事情があって、ローンの完済前に車の売却をせざるを得ないこともあるかもしれません。

そのとき疑問になるのが、ローンが残っている車であっても、売却をすることは可能なのかどうかという点です。

結論からいってしまうと、原則的には出来ないということになります。

なぜなら、ローンで購入した車の所有者は車を使っている本人ではなく、ディーラーや信販会社の名義になっていることがほとんどだからです。

他人名義の車を無断で売却すれば、横領罪という立派な犯罪になってしまいます。

そういった事情があるために、ローンの残っている車を売却する際には、その時点で残っている債務を一括返済する必要があるのです。

また、残りのローンを一括で返済したとしても、所有者が他人のままでは法的に売却ができませんので、完済した時点で名義を自分に書き換える必要があります。

なんとなく面倒な感じがしますが、最近の車買取り専門店では、これらの手続きをすべて代行して行ってくれます。

また、手続きだけでなくローンの残り分も立て替えて支払ってくれるところも多いようです。

立て替えで支払う分は買取金額の中から捻出し、残りのお金があれば売却者に支払われます。

一方で、査定額が残債に満たない場合は、その分を売却者が支払う必要があります。

たとえば、ローンの残りが100万円だと仮定して、車の買取り価格が120万円であれば、売却者に20万円の現金が支払われるということです。

逆に、ローンの残りが100万円で、車の買取り価格が80万円だとしたら、売却者がローンの不足分である20万円を支払う必要があるのです。

ローンの支払いがきつくなったという金銭的な理由で売却を希望する人は、売却額でローンの残債がペイできるかどうかという点がポイントになりますね。

そのためには、複数の買取り業者に査定をしてもらって、少しでも高い業者を探すことが必須となります。