低燃費の車に買い替えるために今の車を下取りに出しました

kuruma dennki aka 5

最近の車は、一昔前の車とくらべるととても燃費がよくなっていますよね。

日々のガソリン代のことを考えると、燃費がよい車の存在は本当にありがたいです。

車を買うときには、車そのものの値段ばかりを気にしますが、実際にはその車を手放すまでのガソリン代などの維持コストも含めたトータルで考えないといけないと思います。

それに、低燃費の車は、地球環境にも優しいというメリットもありますので、まさに一石二鳥といえます。

わたしは自営業をしており、仕事でも車を使う機会が多いです。

この先も、ずっと高いガソリン代を負担し続けていくのもばからしいと思ったので、現在の車を売って、もっと低燃費の車を買うこと決意しました。

ただ、今乗っている車は7年前の車ですし、仕事で使っているために走行距離も延びており、それほど高値で売れるとは期待できませんでした。

試しにインターネットを使って、いま話題になっている車のオンライン査定を受けてみましたが、満足いくような査定額をつけてもらうことはできませんでした。

そこで、新車の購入を考えているカーディーラーに行って、車の下取りの値段を出してもらうことにしました。

一般的に、下取りよりも買取りの方が高額査定になることが多いといわれていますので、あまり期待はしていませんでした。

その結果、決して高い査定額とは言えませんが、オンライン査定で出してもらった金額よりは高く金額を提示してもらえました。

ほぼ自分が予想した通りの金額に近かったです。

年式の割に走行距離が延びているクルマですから、ある程度は妥協も必要と思い、そのままディーラーに下取りに出すことにしました。

ディーラーにしてみれば、自分のお店で車を買ってもらいたいために、頑張って高めの査定額を出してくれたのだと思います。

それに、カーディーラーに下取りしてもらえば、車の売却の手続きと購入の手続きが一度で済んでしまうので、とっても楽です。

下取りによって新しい車の頭金の目途もたったので、その場で低燃費の新車を購入する手続きをすることになりました。

いまから納車の日がとても待ち遠しく感じます。